ライオンズのこだわり Vol.021

太陽光で発電&売電する地球にやさしくエコノミーな暮らし

太陽光などの再生可能エネルギーは、今後ますますの発展と促進が期待されています。こうした時代の一歩先を目指し、株式会社大京では、ライオンズマンションとして初めて「太陽光全量売電サービス」を導入。これまで以上の電気料金の節約を可能にします。今回は、このサービスの導入に関する開発秘話を、商品企画部の中山雄生さんと善家稔さんに伺いました。

大京が着実に歩んできた太陽光発電への取り組み

――はじめに、ライオンズマンションにおけるこれまでの太陽光発電に関する取り組みについて聞かせてください。

中山この取り組みは、2010年の「ライオンズたまプラーザ美しが丘テラス」から始まりました。太陽光発電によって作られた電力を各住戸へ供給することを可能にした首都圏で初めての物件です。太陽光発電を取り入れることで電気料金が下がることはわかっていましたが、実際にご入居者様からも「思った以上に電気代が安くてびっくりした」などの声をいただいています。
そして現在に至るまでに、オリックス電力による電力一括購入サービス導入での電気料金削減や、電気使用量を計測して適切に管理し見える化するシステム「MEMS/メムス(マンションエネルギーマネジメントシステム)」の採用での電気使用料金の節約も目指してきました。

――2010年のスタートから業界に先駆けて取り組まれてきたわけですね。

善家そうですね。その時々の世の中の情勢や、取り巻く環境に合わせて進めてきました。そして、今回お話をする太陽光発電全量売電サービスの導入が、次のステップということになります。2014年4月販売の「ライオンズ久米川駅前」がその第一弾で、電力一括購入システム、MEMSに加え、太陽光全量売電サービスを導入することにより、これまで以上に地球環境と家計にやさしい、エコロジー&エコノミーな暮らしを実現する物件になっています。

イメージ

中山 早くからエネルギー&エコロジーに取り組んできた当社としては、時代背景的に考えても、今こそ長年温めてきた企画を実現するベストタイミングだと考えました。
再生可能エネルギー促進への動きは加速していて、太陽光パネルの価格が下がり、MEMS設置に対する補助金制度が設けられるなど、導入環境は以前より整ってきているといえます。

電気料金の節約が約27%も想定できる仕組み

――太陽光全量売電サービスとは、具体的にどのようなサービスなのでしょうか?

善家太陽光などの再生可能エネルギーを固定価格で電力会社に買い取ってもらうサービスです。「ライオンズ久米川駅前」は20年間、[36円/1kWh(税別)](2013年度の電気の買取単価)で買い取ってもらうことが保証されています。年間19.011kwの太陽光発電量を想定していますが、そのすべてをこの単価で電力会社に買い取ってもらうことになるのです。

中山太陽光全量売電サービスは、「マンションで電気を作ってそのすべてを電力会社に売る。」簡単にいうとそういうサービスですね。

――電力一括購入システムと、MEMSに加え、今回の太陽光全量売電サービスの導入で、どれくらいの電気料金を節約できるのですか?

善家「ライオンズ久米川駅前」では、各ご家庭で合計約27%の電気料金を節約することができるのではないかと考えています。内訳でいいますと、電力一括購入システムで約5%、MEMSで約10%、太陽光全量売電サービスの導入で約12%の節約を見込んでおります。

▼試算条件について

――約27%を節約できるのはとても魅力的ですね。

善家はい。たとえば、1ヵ月の電気料金を一般家庭の平均7,970円として計算すると、料金が5,800円ほどに下がります。月にして約2,000円、年間で約24,000円の節約になりますので、ご入居者様には、経済的な面でもメリットを感じていただけると思います。▼試算条件について

――「ライオンズ久米川駅前」に導入を決定されるまでには、どんな苦労がありましたか?

善家導入後の運用までを考えた、収支バランスの策定ですね。全量売電で得られる収入と、太陽光パネル、MEMSなどの器機の初期費用とランニングコスト、そして長期修繕費といった費用を試算し、収支バランスを何パターンもシミュレーションしました。どれくらいの太陽光パネルが搭載できるか、年間の日照量はどう予測できるか、何年後にどの器機を修繕すべきかなど、細かい項目を立てて綿密に計算をしたんです。電気料金を最大限に節約できる「ライオンズ久米川駅前」にあった収支バランスを導き出すまでが苦労したところですね。

試算条件(平成25年10月1日現在)

  • ※電気使用量:304.7kWh/月(出所:「平成24年度 数表でみる東京電力」による一般家庭電気使用量より)
  • ※初期契約容量:40A
  • ※燃料調整費、再生可能エネルギー発電促進賦課金・太陽光発電促進付加金は電気料金の試算から除外しています。
  • ※太陽光発電については再生可能エネルギーの固定価格全量買取制度を利用。年間想定発電量19.011kWh 買取単価:36円/1kWh(税別)
  • ※太陽光パネルでの発電量は、障害物の日影の影響はないものとしています。
  • ※太陽光パネルでの発電量は、JIS C 8907:2005「太陽光発電システムの発電電力量推定方法」より算出。
  • ※太陽光パネルでの実際の発電量は、気候等により増減致します。
  • ※年間発電量は想定であり、発電量を保証するものではありません。
  • ※「ライオンズ久米川駅前」で採用する「太陽光発電システム」は、停電などにより電力会社から電力が停止した場合に、その代替施設として利用できるものではありません。
  • ※記載している数値シミュレーション値であり、実際の削減量を約束するのもではありません。
  • ※1オリックス電力(株)は、エネルギー管理サービスやMEMSから得られる情報を活用した継続的なサービスを通じて10%以上の節電(総量)を目標に事業を行う者として、一般社団法人環境共創イニシアチブに登録を受けた事業者です。
  • ※2「ライオンズ久米川駅前」の1住戸あたりの平均専有面積で算出した数値です(オリックス電力(株)に試算)。電気料金の削減は、使用環境条件により異なります。

Page 2

このページのトップへ