• INDEX
  • 食
  • 住まい
  • 趣味
  • 美と健康
  • Back Number

憧れの寝台列車の旅へ ゆったり優雅な旅の喜び

二大人気の 寝台列車でゆく日本各地をめぐる 寝台列車列車の旅を 楽しむために

二大人気の寝台列車でゆく

寝台列車のなかでも、ホテルさながらの上質な設備とサービスで人気を博しているのが、上野〜札幌間を結ぶ「カシオペア」と大阪〜札幌間を走る「トワイライトエクスプレス」です。車内の設備やおすすめのサービス利用法など、二大人気寝台列車の楽しみ方を鉄道ライターの土屋武之さんにご指南いただきました。

contents

  • カシオペアでゆく 上野=札幌
  • トワイライトエクスプレスでゆく 大阪=札幌

走るホテル、カシオペア

すべての部屋に心地よい設備と極上のサービスを備えた、日本で初めての“全室A個室”として1999年に誕生した寝台列車がカシオペアです。かつて寝台列車ブームを牽引した「北斗星」にあやかり、北斗七星と対をなすカシオペア座からその名がつけられました。16時間半もの長旅を楽しみに変えてしまう豪華な客室とゆきとどいた設備が、カシオペアの最大の魅力。そのクオリティの高さは乗客から「走るホテル」と評され、多くの人の心をつかんでいます。

カシオペア

豪華な客室&ゆきとどいた車内設備

  • カシオペアスイート
  • カシオペアツイン
  • ラウンジカー
  • ダイニングカー

全室に洗面台とトイレを備えた快適な個室。モダンな雰囲気に満ちた料理自慢の食堂車。列車ならではの展望を存分に味わえるラウンジカー。カシオペアの車内はとにかく豪華のひと言です。すべての部屋にサービスされるウェルカムドリンクにはじまり、客室にはカシオペアのロゴが入ったオリジナルの浴衣とアメニティが。もちろんテレビ・冷暖房・アラームなどの設備も。なかでも一番人気の客室「カシオペアスイート 展望室タイプ」は、ゆったりしたソファとワイドな展望窓を備えた部屋。流れゆく車窓の景色を独り占めしているような、特別な気分が味わえます。

スイート・デラックスの設備&アメニティ
〈設備・備品〉
テレビ、BGM装置、目覚し時計、コンセント、クローゼット、トイレ、洗面台、シャワールーム、ドライヤー、浴衣、スリッパ、ハンガー、コップ、シューペーパー、フェイスタオル、バスタオル、バスマット、トランヴェール(車内誌)、朝刊
〈アメニティグッズ〉
歯ブラシ、石鹸、リンスインシャンプー、シャワーキャップ 、メンズセット、髭剃り、ヘアブラシ、レディースセット、洗顔フォーム

16時間半の優雅な列車旅へ出かけよう!

  • 上野=札幌
  • カシオペア
  • カシオペア
  • [1]上野 16:20発 札幌に向けていざ出発。まずは記念すべき寝台列車の旅を祝してウェルカムドリンクで乾杯!
  • [2]大宮 16:45 夕暮れの街をラウンジカーから堪能。食堂車で販売しているシャワー券(310円)は、混雑を避けられる早い時間のうちに購入するのがポイント。
  • [3]福島 19:52 食堂車でのディナータイムは17:15〜21:30。お弁当を部屋に届けてもらうこともできる(※ともに要予約)。
  • [4]一ノ関 22:08 21:30からダイニングカーでお酒&食事が楽しめるパブタイムがスタート(※予約不要)。星空を肴に、カシオペアのオリジナル・ワインをいただくのも素敵。
  • [5]盛岡 23:16 パブで楽しく過ごした後は、シャワーを済ませて、星空を眺めながら就寝。青函トンネル通過が見たい人は3:30頃を目安にアラームを。
  • [6]函館 5:02 夏場だと函館を過ぎるあたりで美しい日の出が見られることもある。
  • [7]長万部 6:43 冬場は八雲〜長万部の位置にある内浦湾(噴火湾)の日の出が美しい。6:30より朝食がスタート(※予約不要)。
  • [8]登別 8:00 北海道らしい牧歌的な朝の風景が広がる。途中、競走馬の育成で有名な社台牧場の近くを通過。
  • [9]札幌 9:32着 札幌駅へと到着。宿泊して着いたらすぐ市内の中心部にもアクセスできる、そんな無駄のなさも寝台列車の魅力。
DATA
時刻
  • 下り 上野 16:20発 札幌 翌9:32着
  • 上り 札幌 16:12発 上野 翌9:25着
運行日程
下りは日・火・金
上りは月・水・土
※月により変動あり
寝台料金
  • カシオペアスイート(2人用A寝台個室) 5万980円
  • カシオペアデラックス(2人用A寝台個室) 3万4360円
  • カシオペアツイン(2人用A寝台個室) 2万6700円
  • カシオペアコンパート(2人用A寝台個室) 2万2890円
  • ※1部屋分の料金
  • ※料金は寝台料金のほかに特急料金・運賃がかかります

※データは2011年12月21日時点のものです。最新情報はJRへお問い合わせください

TOP

日本一長い寝台列車 トワイライトエクスプレス

大阪〜札幌までの約1500kmを走り抜けるトワイライトエクスプレスは、1989年に誕生した日本で一番長い距離を走る寝台列車です。かつて列車は人や物を運ぶための“輸送機関”という扱いでしたが、豪華な設備やサービスを取り入れたトワイライトエクスプレスの誕生によって“乗ることそのものが楽しい”という寝台列車の新しい価値が定着したと言っても過言ではありません。欧州のオリエント急行をモチーフにした車内設備は、旅情を誘うエレガントな雰囲気です。

トワイライトエクスプレス

贅沢な客室、充実の設備やサービス

  • スイートルーム
  • Bコンパート
  • サロンカー「サロンデュノール」
  • 食堂車「ダイナープレヤデス」

日本で初めて寝台列車にスイートルームを設けたのがトワイライトエクスプレス。シャワー室と充実のアメニティを備えたスイートの室内は、まるで一流ホテルのようです。やわらかな明かりが点る優雅な食堂車では、通過地点となる地元の食材をふんだんに使ったフレンチが楽しめます。もちろん展望自慢のサロンカーも一見の価値あり。また全室A個室のカシオペアと違い、こちらの列車にはコンパクトなB個室や4名まで同室に泊まれる二段ベッド利用のBコンパートもあるため、家族連れや若者グループなどさまざまな年代が利用できるのも魅力のひとつです。

スイート・ロイヤルの設備&アメニティ
〈設備・備品〉
テレビ、BGM装置、クローク、トイレ、洗面所、シャワールーム、ドライヤー、ルームキー、コンセント、冷蔵庫(※)、バスローブ(※)、浴衣、スリッパ、バスタオル、フェイスタオル、ハンガー、お茶セット(※)
〈アメニティグッズ〉
歯ブラシ、クシ、シャンプー、リンス、石鹸etc.
(※)印はスイートのみ

全長1500kmの贅沢な列車旅へ

  • 大阪=札幌
  • トワイライトエクスプレス
  • トワイライトエクスプレス
  • [1]大阪 11:50発 山口百恵さんの「いい日旅立ち」を発車メロディに出発進行。シャワーの利用にはチケット(310円)が必要なので、忘れぬうちに買っておこう。
  • [2]京都 12:24 ランチタイムは13:00〜16:00(※要予約)。食堂車でランチを提供しているのは現在札幌行きトワイライトだけ。ランチタイムが始まる頃に、進行方向右手に琵琶湖が見えてくる。
  • [3]富山 16:30 進行方向右手には日本三名山のひとつ、雄大な立山連峰。左手には日本海に沈む夕陽が。
  • [4]直江津 17:57 食堂車でのディナータイムは17:30〜21:00。部屋食を希望する場合は、幕の内形式の日本海会席御前がある。(※いずれも要予約)
  • [5]新津 19:37 21:00よりのパブタイムがスタート。(※予約不要)さまざまな年代が集まるサロンカーでは乗客同士の交流が生まれることも。
  • [6]洞爺 7:18 夏場は夜明けとともに大沼国定公園を通過、美しい駒ヶ岳を堪能できる。また進行方向左手には有珠山や昭和新山も見えてくる。
  • [7]東室蘭 7:52 和と洋から選べる朝食は6:00から。美しい濃紺の海が広がる内浦湾の風景を眺めながら優雅な食事が楽しめる。
  • [8]苫小牧 8:50 そろそろ列車の旅も終盤。車内でしか販売していないオリジナルグッズのチェックもお忘れなく。
  • [9]札幌 9:52着 大阪を発ってから22時間弱。約1日の旅路を経て、とうとう終着駅である札幌に到着。
DATA
時刻
  • 下り 大阪 11:50発 札幌 翌9:52着
  • 上り 札幌 14:05発 大阪 翌12:52着
運行日程
下りは月・水・金・土
上りは日・火・木・土
※月により変動あり
寝台料金
  • スイート(2人用A寝台個室) 5万980円
  • ロイヤル(1人用A寝台個室) 1万7180円
  • ツイン(2人用B寝台個室) 1万6320円
  • シングルツイン(1人用B寝台個室) 9170円
  • Bコンパート(4人用簡易個室) 6300円(1人分)
  • ※1部屋分の料金
  • ※料金は寝台料金のほかに特急料金・運賃がかかります

※データは2011年12月21日時点のものです。最新情報はJRへお問い合わせください

TOP

  • INDEX
  • 食
  • 住まい
  • 趣味
  • 美と健康
  • Back Number

eilersen STREAMLINE COUCH SOFA eilersen STREAMLINE SOFA